山岳の民の味・クルトップ【タジキスタン】

タジキスタン

国土の半分が3000メートル以上の高地に位置しているタジキスタン。東部には”世界の屋根”パミール高原が広がります。

パミールで馬にまたがり、羊や山羊を追う男性

山岳に暮らす人々に古くから愛されてきた料理がクルトップです。中央アジア5カ国では共通して食べられる料理が多いのですが、このクルトップはタジキスタンでしかつくられていません。

細かくちぎったナン(パン)ときゅうりやトマトなどの野菜、唐辛子、それにクルトという乾燥チーズを水で溶かしたものを混ぜ合わせた料理です。現地スタッフも「とってもおいしいのよ。滋養もあって、腹持ちもいいの」と、お気に入りの料理です。

携帯できる保存食をもとに、ごく簡単な調理でつくられる満足感のある食事。山の生活の知恵がぎゅっと詰まったおいしさです。

現在の中央アジア5カ国の渡航に関する情報はこちらから