カザフスタン観光の基本情報

カザフスタンの旅行・基本情報

旅行に関する情報

気候

中央アジアに位置するカザフスタン共和国は大陸性気候で年間気温差が大きいことが特徴。首都ヌルスルタン(旧アスタナ)は、気候が穏やかになる6月~9月がベストシーズン。夏の日中気温は30度前後で、乾燥しているため比較的過ごしやすい夏になる。冬の寒さは世界の都市の中でもかなり厳しい部類とされる。

日本との時差

+3時間(日本より3時間進んでいる)

通貨

テンゲ:Tenge(1円=3テンゲ ※2019年6月時点)

ビザ

要:観光ビザ(最長で30日間の滞在)

渡航前の取得が必要です

電圧とコンセント

220Vタイプ:C型

飲料水

ミネラルウォーターを推奨

一般的な基本情報

人口

1800万人

首都

ヌルスルタン:Nur-Sultan(旧アスタナ)

言語

ロシア語、カザフ語

民族

カザフ系(67.47%),ロシア系(19.76%),ウズベク系(3.18%),ウクライナ系(1.53%),ウイグル系(1.46%),タタール系(1.11%),ドイツ系(0.99%),その他(4.5%):外務省データ

宗教

イスラム教(70.2%),ロシア正教(26.3%),仏教(0.1%),無宗教(2.8%),無回答(0.5%)(2009年:カザフスタン国勢調査):外務省データ