ヌルスルタン観光

カザフスタン共和国の首都。旧名「アスタナ」。1997年にアルマティから遷都されました。

カザフスタン北部のステップ原野に広がる街で、高層ビルの建設ラッシュが続いている成長都市です。

著しい経済成長を遂げるこの未来都市を設計したのは、あの日本人建築家「黒川 紀章」氏です。1998年の政府主催の国際コンペで選ばれた黒川紀章氏の都市計画に基づき、開発が続けられています。

ヌルスルタンの観光スポット

バイテレク

カザフスタンの象徴的モニュメント

1997年に新たな首都のシンボルとして建てられた高さ105mのタワー

上部ドームが展望台になっており、進化するヌルスルタンの姿を360度パノラマで展望できます。

外国人旅行者やカザフスタン共和国の人々にとって人気のある観光スポットです。

詳細情報
名称:Bäyterek

所在地:Байтерек, Nur-Sultan 010000
Googleマップ

大統領文化センター博物館

カザフスタンの歴史を堪能

文化センター内にある非常に大きな博物館です。

民俗学の展示、農具・馬具、楽器や織物などの展示をはじめ、当時の生活を再現したジオラマ、移動式住居の「ユルタ」なども展示されています。

考古学も展示されていて、カザフスタンの歴史をたくさん学ぶことができます。

詳細情報
名称:President`s Center of Culture & Museum

所在地:Respubliki St, 2, Nur-Sultan
Googleマップ

ヌルスルタン:マップ

マップ内のアイコンは
●観光スポット ●食事スポット ●宿泊スポット