アシガバット観光

トルクメニスタンの首都アシガバットはトルクメン語で「愛の町」を意味します。北に広がるカラクム砂漠と南に聳えるコペット・ダグ山脈との接点にあり、中央アジアの首都としては最南端に位置しています。

町の中心は駅を起点に南西の方向に広がっており、マグトゥムグリ通りやアザディ通りは最も賑やかな通りで、色鮮やかな民族衣装を着た女性達を目にすることができます。

最大の見どころはタルクーチカ・バザールで、絨毯や衣料品、貴金属、食品等さまざまな商品を求め多くの人々で賑わっています。

町の南部にはトルクメニスタン国立博物館があり、ニサやメルヴからの出土品や象牙の儀式杯リュトンなど貴重な品々が数多く展示されています。

また、中立のアーチという高さ95mの塔があり、最上部には黄金のトルクメンバシュ像が町を見下ろしています。

アシガバットの観光スポット

中立広場

永世中立国を記念して

独立広場の西側にある中立広場の中心には、中立門があります。

これは1995年に国連に正式に永世中立国として認められたのを記念して1998年に建てられました。

頂点に立つ黄金のバシュ像は太陽の動きに合わせて回転するようになっています。

展望台からは、ドーム型の大統領府、トルクメンバシュ宮、ルーヒエット宮などを眺めることができます。

詳細情報
名称:Monument Arch of Neutrality

所在地:ashgabat
Googleマップ

トルクメニスタン国立博物館

遺跡などからの出土品を展示

展示は各分野に及んでいますが、見どころはニサ遺跡からの出土品が中心となっており、中でもリュトンと呼ばれる緻密な細工が施された象牙の碗に注目が集まっています。

それは、ゾロアスター教の宗教行事の際に用いられたとされていて、芸術的にも文化的にも貴重なものとされています。

詳細情報
名称:National Museum of Turkmenistan

所在地:Archabil Hwy, Ashgabat
Googleマップ

独立記念塔

英雄達の人物像

市街の南部にある国章をもつ巨大な塔。土台は博物館となっています。

そばにある大きなルーフナーマのモニュメントは毎日20:00になると自動的に映像と音声が流れてくる。

伝説上の民族の英雄達の人物像が立ち並び、公園の北端には世界最大の噴水もあって、人々も憩いの場ともなっています。

詳細情報
名称:Monument of Independence of Turkmenistan

所在地:Arçabil şaýoly, Aşgabat
Googleマップ

絨毯博物館

世界最長の絨毯

遊牧文明の貴重な遺産である絨毯を展示する博物館。

それぞれの部族や氏族特有の技術は現代にも受け継がれています。

展示品の中には世界一大きな手織りの絨毯もあり、製造工程の紹介、店頭的な移動式住宅「ガラ・オイ」の展示もしています。

この博物館から北に10分ほどのところには絨毯工場の見学もする事ができるので、興味のある人は併せて訪れていただきたい場所です。

詳細情報
名称:Turkmen Carpet Museum

所在地:Atamyrat Nyýazow şaýoly, Aşgabat
Googleマップ

タルクーチカ・バザール

週3回開催の巨大バザール

町から8km北に行った所にある砂漠では、毎週木、土、日の早朝から昼までバザールが開催されています。

このタルクーチカ・バザール(Altyn Asyr bazaar)では、絨毯や衣料品、貴金属、食品等さまざまな商品を求め多くの人々で賑わっています。

売り物自体は生活用品等が主ですが、砂漠の真ん中で色鮮やかな民族衣装をまとった人々が行き交う様子は、非常に印象的です。

詳細情報
名称:Altyn Asyr bazaar

所在地:Googleマップ

アシガバット:マップ

マップ内のアイコンは
●観光スポット ●食事スポット ●宿泊スポット